本日 34 人 - 昨日 87 人 - 累計 159001 人
RSS

炭火

カウンターの上の火鉢と厨房内の七輪にはオガ備長炭を使っています。

火鉢を知らない方がほとんどの現代。火鉢には灰が入っていて、七輪には入っていないのがわかりやすい特徴です。

火鉢は暖房の目的が大きく、食材を直接焼くには七輪のほうが火力が強く、おいしくやけます。

いまやの火鉢に置かれている道具は「どうこ」という名前で中にお湯を入れて酒の燗をします。

馴染みの無いものばかりですが、赤く燃える炭火を眺めることは心落ち着くことであるのは皆さん共通です。

1385189238425.jpg



コメント
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):